ドアを開けば森がある!Re:HOME「84はちよんドア」プロジェクト











84大工の家!
























はちよ〜ん!かわむらさとしです。

ひっぱりにひっぱった84会議の報告も今回がラスト!
最後はこれから84プロジェクトで始めていこうとしている、84doorプロジェクトについての報告です♪

84プロジェクトでは当初からのビジョンとして、
「高知の家は全部高知の木でできちゅう!」
そんなイメージを描いていました。
高知に住む人はその土地に大量に存在する資源=木材をうまく使って生きているという姿が、

高知のアイデンティティを表し、

その風景=光を観にたくさんの人を集めることにつながると考えるからです。

そのビジョンを実現するために、

高知で昔ながらの家造りの技術を受け継いでいこうとする沖野建築さんを筆頭に

「84大工の会」という組織を立ち上げ、

高知ならではの木の家造りを進めていこうとしています。
しかし、なかなか一足とびに84大工の家も進まず、
(本当にいいものを作るための土台作りには長い時間がかかるものです)、
高知県の経済を考えるにつけても、これから新築の木の家を全ての人が作っていくというのも現実的ではない部分があります。

ですから、まちに家という名の森をつくるための文字通り入り口として、

Re:HOME「84はちよんドア」プロジェクトを始動いたします!!

このRe:HOME「84はちよんドア」プロジェクトとは?
家のドアや、キッチン、テラス、窓枠、、、etc...
小さなところからセンス良く木を使っていくことで、もう一度家というものを作りなおそう!
という取り組みです。
ですから、reformではなく、Re:HOMEと銘打っているのです♪

高知にはたくさんの空き家がありますが、どうにも古いセンスで今の若い人がいいなと思うものは少ない。。
ですが、その外側にセンス良く木を使ってRe:HOMEすることで、
住みたいと思える家になると思っています。

この取り組みは現在、フタガミグループさんとの協働で進めており、今秋には実現したいと準備をしています。

また、その取り組みの普及のために「84LIbrary」というものも提案させてもらいました!
これは、木のことや、森のこと、建築のことにまつわる本を置いた図書館で、そういった本を読みながら、自分の家についてもう一度考え直す空間にしたいと思っています。

そこからRe:HOMEしたいということになれば、フタガミさんとおつなぎするような、そんな84Libraryを創ろうと、現在構想を練っておりますので、また続報をおまちくださいませ♪

さて、3部にも渡りました84会議の報告も今回で終わりです。

84会議当日には運営の想定不足により開催・終了のずれ込みがありましたことを深くお詫びいたします。

今回の取り組みを生かすべきところは来年にも生かし、反省すべきは改善し、もっともっとタノシク、勉強になり、元気になれる84会議にしていきたいと思いますので、
これからもどうか84プロジェクトを温かくお見守りいただけるばと思います。

それでは最後に最大級の感謝をこめて、はっちよ〜〜〜〜ん!!!!!!

はちよん事務局かわむらさとし
高知こどもの図書館さんに行ってきました!














はちよ〜ん!かわむらさとしです。

先日報告した「84Library」について、
どうやって進めていけばいいかアイデアをいただきに、
高知こどもの図書館に行ってきました!
(84Libraryについてはこちらの記事を参考にしてくださいね♪
→「ドアを開けば森がある!Re:HOME「84はちよんドア」プロジェクト」)

まずは、高知こどもの図書館さんについて!
HPから抜粋)
↓↓
全国で初めての特定非営利活動法人(NPO法人)が設立し運営する、児童書を中心とした公共図書館として1999年に開館しました。

赤ちゃん絵本から中学生高校生の読み物、児童文学に関する様々な研究書などの貸し出しを基本としながら、読書案内、読み聞かせ、ブックトーク、情報の収集と発信、その他NPOならではの多彩な企画を、職員とボランティアと理事たちで行っています。

本と人とをむすぶ場所、人と人とをむすぶ場所として、子どもと子どもに関わる人たちの心やすらぐ場所となるよう努めています。


というようにNPO法人が運営している図書館なんです!

まさに84Libraryの相談をするのにはぴったり!
ということで、お邪魔させてもらいました。

まず高知こどもの図書館さんがどうやって本を集めているかというと、
・会員や共感してくれた個人からの寄付や、
・企業から資料費として寄付をもらったり、
・助成金などで図書を増やしているそうです。

ただ寄付いただいた図書については月1回の選書委員会によって選書した後に、置くかどうかを決めているとのこと。

そして、図書を置くスペースについて。

これは最初から大きな場所を借りてやろうと思っても、本の収集や管理、展示の仕方に慣れていないため、むずかしいだろうという意見をいただきまして、

最初はプレ84Libraryから始めてはどうかとアドバイスを受けました。

たとえば、まずはしっかりとコンセプトをもった84冊(?)の本を集め、ここ高知こどもの図書館さんなどの一角を借りて、84Libraryコーナーをつくる。

その他にも高知県内の団体やカフェなど、様々な場所での実施を重ねながら周知を図りつつ、
展示したい本を集め、少しずつ規模を大きくしていき、

いずれは常設の84Libraryをつくっていく。

そんなアドバイスをいただきました。

実際にどんなススメ方をするかはまだ企画段階ですが、他団体との協働というのは84の考え方を広める上でもオモシロイですし、実施にいたる1つの方法として大変貴重なアドバイスをいただけました。

高知こどもの図書館の古川さん、
段取りをつけてくれた梶原さん、
どうもありがとうございました!

はちよん事務局かわむらさとし