ジョシコーセーと商品開発!

ハコハウスで打ち合わせ!










ハコハウスで記念写真♪





サポセンで会議!






木や森の良さをブレインストーミング






学生生活の悩みをだしてみています




ヒノキの香りをかいでいるところ!
はちよ〜ん!かわむらさとしです。

実はいまジョシコーセーと頻繁に会っています。

と、言うとなんだか犯罪の香りがしますが、れっきとした授業の一環ですよ!!
高知南高校では2年生時にマネジメント学習という授業があり、学生同士でグループを組んで商品開発などを考えるそうです。

そのなかで高知の森林や木を生かした商品開発をしたいと考えるチームがあり、そのチームの学生さんから84プロジェクトの話を聞きたいという依頼を受けて、まずはハコハウスで打合せを行いました。

まず、どういった経緯で高知の森や木を生かした商品開発をしたいと考えたのかを聞かせてもらいました。

その要因としては、高知は森林率84%であり、資源がたくさんある事。
そして、その森で伐採された木材が放置されてしまっている現状をモッタイナイと思ったこと。
そして最後になんとなく木が好きだからということでした。

その話を基に、次はグループのみなさんと高知市市民活動サポートセンターで会議を行いました。
(コチラは非営利を目的とした団体で申請して通れば、無料で会議室を借りられるのでとても便利なのです!)

まずはマイナスだと思われていたことをプラスにとらえなおすことで新しい価値を生み出すという84プロジェクトの考え方を話しさせてもらった後、

アイスブレイクとして学校生活の悩みをいかにプラスにとらえていくかという練習をしてみました。

この悩み事へのカイケツ方法を考えるのはかなり盛り上がり、マイナスな物事をとらえることでプラスにとらえられるということもみんなで共有出来ました!!

そののち、今の森林を取り巻く種々のモンダイを整理しながら、
それと同時に学校生活での悩みも洗い出し、

その2つのモンダイに対して木の組織や特性がどう利用できるかを話合いました。

その結果、木材価格の低迷という森のモンダイに対して、木材以外の葉っぱの部分にも経済性を持たせられる木の香り成分の利用をするということ。

そして、受験勉強のストレスや教室のこもったにおいというモンダイに対して、ヒノキの香りのリラックス効果や消臭効果を生かしてなかできないかという話になりました。

今後、使用シーンのシミュレーションなどを行いながら、実際に商品化するためにはどうするかということを一緒に考えていこうと思います。

まだ本当に社会にでる商品になるかは分かりませんが、とても意欲があり、タノシムチカラを持った子たちなので、なにかが生まれそうな予感がしています。

今後もご期待あれ〜〜〜!!!

はちよん事務局かわむらさとし